Macのoffice プロダクトキーの確認ができない。

2020.08.31 Monday 19:48
0

    研究室には、4台のiMacがあって、2台は学生が卒論を書くのに使っています。

    県立広島大学にきて、永続アカウントのoffice2019を2アカウントほど購入したのですが、、

     

    どのプロダクトキーを使ってインストールされているのか、表示されないのです。。

     

    もう少し簡単にいうと

    私が使っている2台を同じプロダクトキー(2台までOK)

     

    学生がつかっている2台のiMacに同じプロダクトキー

     

    このようにインストールしたいのですが、どのプロダクトキーを使ってインストールしたのか、、全くわかりません。。

     

    色々と調べてみたのですが、購入時のプロダクトキーとサービスとサブスクリプションのプロダクトキーは異なっているのが当たり前らしく、サブスクリプションのプロダクトキーは4台ともすべて同じ。。

     

    これはマイクロソフトの同じアカウントからofficeを2アカウントを購入したからでしょうか?

     

    しかもマイクロソフトにログインしたままだと、私がクラウド上に作成した書類が学生用のPCでも閲覧可能になります。

    まあ、これは学生用のPCでログアウトしておけばいいことなのですが。

    これはapple IDでも同じことがおこります。学生用のPCと私のPCはアップルIDを別にしています。同じapple IDだと情報がダダ漏れになると思います。しかも最近のiMacやiPadはapple IDが同じならば妙に連携するしなあ。。

    学生が使っているPCは、どれも全て完全に別アカウントにしないといけませんね。

     

    学生用のPC、、マイクロソフトのIDも別にすればよかったな。。

     

    しかし、、購入したofficeのプロダクトキーが何台インストールしているのか、、わからないって、凄い不便だとおもいません?

    もしやり方を知っているひとがいたら、、教えて下さい!

     

    後日談

    マイクロソフトのサポートセンターに聞きました。

    >サブスクリプションのプロダクトキーは4台ともすべて同じ。。

    これはどこのPCで見ても同じが当たり前らしいです。

    イマイチまだ理解できていないのですが、4台のPCで全てオフィスが動作するということは、2アカウントのオフィスはきちんとインストールされている、、とのことです。

    しかし、サポートセンターのひとの理解力と説明力はすごいな。。。

     

    category:研究室 | by:shinjicomments(0) | -

    研究室の移設

    2020.04.16 Thursday 20:00
    0

      研究室の移設、めっちゃ大変です。。

      今までに2回ほど経験があります。これが3回目。

       

      機器の荷造り、移設、そして設置。

      さらに、サンプルの冷凍ストックの移設。これが一番気を使います。

      以前、アメリカから移したときに比べれば輸送の時間が短いので、気楽といえば気楽なのですが、それでも気を使います。

      バカでかいクーラーボックスにドライアイスを詰めて、ダンボールでぐるぐる巻にして運びます。

       

      私はイグローのMarine Eliteのクーラーボックスを2つほど使っています。

      ひとつ150Lくらいなので、冷凍サンプルを1/3くらい、後はドライアイスを詰め込みます。

      これなら3から5日はドライアイスが持ちます。アメリカから日本までこれで運びました。

       

      ノースカロライナでこのクーラーボックスを買いに行ったことを思い出しました。予めネットで下調べして、イグローの取扱店まで2時間位かけて車で買いに行きました。あのドライブは楽しかったな。

       

      今回もこのクーラーボックスが活躍しました。

       

      今回一番大変だったのが、10トントラックで移設したのですが、、トラックが建物の近くまで来れなかったのです。

       

      駐車場に入るカーブのところでストップしているトラック。

       

      ここから人海戦術で運びました。

      ジーンネットのAさん、広島和光からお手伝いに来てくださったKさん達にとてもお世話になりました。

      本当にありがとうございました!

       

      それと、この日は天気も良かったので助かりました。

      次の日は大雨だったので、、もし一日ずれていたら大変でした。

       

      そんなこんなで、大勢のひとに助けられて無事に研究室の移設をすることができました。

      ありがとうございました。

       

      ここでいい仕事をすることが恩返しになると思いますので、がんばります!

       

       

      category:研究室 | by:shinjicomments(0) | -

      培養プレートのコスト

      2019.09.25 Wednesday 22:55
      0

        線虫の研究って、初期コスト(顕微鏡など)がかかるけど、ランニングコストは安いはずなんです。

         

        変異体とってマップングと次世代シークエンスすると、taqと次世代シークエンスのお金が必要だけど、普通に交配させて、タンパク質の局在みたりするのは、、あんまりお金はかかりません。

         

        それで何に一番お金がかかるかというと、、線虫用の培養プレートですかね。

        寒天はたかくて、BDだと454グラムで3万円くらい、シャーレがファルコン社だと500枚入りで1万4千円くらい。

        大体一回で、280枚つくるので、チョット計算してみると

         

        14000円/500=28円(シャーレ)

        BDの寒天だと

        51(280枚分/454g)×32000円/280=12.8円(約13円)

        ペプトンとかコレステロールはほぼ誤差範囲。

         

        28円+13円=41円 

        大体1枚あたり40円くらい。

         

        1000枚も使えば、4万円くらい。それなりに結構するわけです。

         

        そこで有明高専にきて、コストダウンを図りました。

        シャーレは某メーカーの500枚で4200円のものに変えました。

        また寒天も伊奈食品工業の7000円のものにしました。

        そうすると

        4200円/500=8.4円(シャーレ)

        伊奈食品工業の寒天だと

        51(280枚分/500g)×7000円/280=2.5円

        8.4円+2.5円=11円 

        大体1枚あたり11円くらい。

         

        大幅なコストダウン!!

         

        理研時代の元ボスは、絶対にBDの寒天がいい、仰っていましたが、まあ、伊那工業の寒天でも問題なさそうだし、伊那工業の寒天にしました。これで変異体のスクリーニングもコストを気にしないですみます。あとBDが454グラムという中途半端なグラム数は、ポンド基準の重さなのかな。。

        アメリカにいたときはポンド表示に慣れていなくて、え、、この牛肉、高いの、安いの?と迷っていました。

         

        ちなみに、もっとやすいダイエット用寒天だと、、線虫が育たないのですよ。。なんで??

        食品用なので有害なものはないと思うのですが、食品寒天で作ったプレートだと、なんとなく線虫が干からびている感じなので、寒天内の水分量が線虫によくないですかね。

        誰か正解を知っていたら教えて下さい。

         

        伊那食品工業って、

        たしか、トヨタも目標にしているとか新聞記事で読んだことがあるけど、50期連続増収増益の会社らしい。すごい手腕ですね。

         

         

         

         

         

         

         

        category:研究室 | by:shinjicomments(0) | -

        助成金に採択!

        2019.09.04 Wednesday 06:42
        0

          武田科学振興財団の研究助成に採択されました。

           

          2017年に有明高専に異動した時に、武田の研究助成金に応募しようと思ったら、高専からは出せなかったんですよ。

          その時に武田科学振興財団に電話して、以前採択されたことがあるのですが、高専に異動した場合は応募できないのですか?と聞いた覚えがあります。

          結局、2017年度は高専からは出せなくて(高専は応募できるカテゴリーがなかった)、あの時は、本当に悲しかったな。。。自分はライフサイエンスの研究をしている機関にいないんだ、、と言われているようで。。

           

          それがなんとですね、武田科学振興財団は、規約を変えてくれて、武田のライフサイエンスの研究助成は高専からも応募できるようになったのです!!

          武田科学振興財団、めっちゃ懐が広い!!!

           

          今年に入って、科研費や複数の助成金に採択されていてめっちゃ調子いいです。

          これはやっぱり、おみくじ凶のご利益ですかね。

           

          でも科研費や助成金が採択されると、プレッシャーもあるし、あとこの好循環(論文出す→研究費採択→論文出す→研究費採択)を上手く回さないと、、と思って、色々と考えるのですが、やっぱり、単純にすっごく嬉しいです!

           

          今日も、頑張って顕微鏡を覗こう!

           

           

          category:研究室 | by:shinjicomments(0) | -

          研究室の宝物

          2019.05.15 Wednesday 19:00
          0

            大隅基礎科学創成財団の贈呈式で、大隅先生にサインを頂きました!

            1人でもらいに行くのは恥ずかしかったので京都大学、東京工業大学、東京大学の先生に声をおかけして、皆さんで貰いに行きました。気さくにサインをいただき、さらに2ショット写真まで撮っていただきました。

             

             

             

            研究室の一番目立つところに大切に飾りました。

            研究室にはもう一つノーベル賞科学者のサインがあって、線虫の細胞系譜を同定したサルストン博士のサインです。

            これも研究室に大事に飾っています。

             

            また贈呈式でATP合成酵素の研究でご高名な吉田賢右先生と色々とお話できたのが、大きな収穫でした。

            私の見ている現象はエネルギーをつかわない限り起こりえないはずだと指摘されて、細胞外にはエネルギーを供給するシステムはないのにどう説明できる?と指摘をうけました。

            確かにそうなんです。私の仮説が正しいならば、エネルギーをどっかから持ってこないと局在のパターンが形成されないわけなんです。この局在パターンの成立にはエネルギー使ってないのかな??でも能動的にパターンが決まっているように観察されるんだよなあ。本当に不思議です。。。。

             

            ノーベル賞、、とまでは言いませんが、教科書に残る仕事がしたいな、といつも思っています。

             

             

             

            category:研究室 | by:shinjicomments(0) | -

            Calender
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            27282930   
            << September 2020 >>
            Selected entry
            Category
            Archives
            Recent comment
            Profile
            Search
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM