有明高専、ありがとうございました。

2020.03.30 Monday 20:45
0

    いよいよ、有明高専から異動する日がきました。

    3年、だけどとっても密度の濃い3年でした。

     

    ここにきたときに、研究は続けられるのか、講義はこなせるのか、また学生指導はできるのか、色々と考え込みました。異動するときはいつだって不安です。

     

    でも、「案ずるより産むが易し」ですね。

    まあ、高専での研究も授業も学生指導も易し、ではなかったですけど、楽しめて仕事できたと思います。

     

    高専にいたときは、アステラス病態代謝研究会、武田振興財団、大隅基礎科学創成財団、柿原財団、バイテク普及会、科研費、AMEDから、研究費を頂くことができました。やる気さえあれば、高専から応募しても認めてくれるひとがいるんだ、、と採択されたときには、本当に嬉しかったです。

    研究室の学生にも、学会発表や論文を発表させることができました。新しく展開できそうな面白い研究成果も出ています。

     

    講義は楽しかったです。自分の専門のことを教えるのだから、楽しくて当然ですね。ただ、一週間に4コマの座学と実習があったときは、、しんどかったです。これだけならいいですが、卒業研究の指導+担任、ベトナム関連の室長、かおる塾というのもあって、このときは本当に忙しかったです。

     

    3年の間に担任も2回することができました。担任は楽しかったですね。先生の面白さが少しはわかったと思います。学生にうまく寄り添うことができれば、やりがいのある仕事です。ただ、私が担任をしたクラスの学生はどう思っていたんですかね。うるさい先生だ、と嫌われていたのかもしれませんね。まあ、そのうちまた学生に会うこともあると思うので、そのときに聞いてみましょう。

     

    担任は引率もあるんですが、引率は面白かったです。シンガポール2回に国内日帰り旅行の引率をしましたが、研修旅行は学生にとって、いい経験になりますね。今の学生って、海外に行ってもあんまり遠慮せずに向こうの学生と遊んだり、話しかけたりするんですね。ちょっとびっくりすると同時に頼もしかったです。

     

    そういえば、かおる塾の引率もしてました。このかおる塾はなかなか面白い試みで、やる気のある学生にたくさん会えたのが良かったですね。

     

    担任の引率ではないですが、海外といえば、ベトナムに5回?6回?くらい行きました。これは高専教育をベトナムに推進するための活動ですが、私が有明高専の推進室室長だったのです。でも、なかなか大変でした。。。

     

    学生指導、、は難しかったですね。学生指導の正解はなんなんでしょうね。ビシッと学則を守らせる、これは個性を消すことになるかもしれませんし、規則を守らないのは、もちろんだめですし。

    退学する学生にとって、なにが最適な道なのか、きちんと示すこともとても難しいです。学生指導は本当に悩みました。

    クラス担任をしていて、退学した学生の最後の面談は、本当に悲しかったです。いい道に進めているといいのですが。。

     

    この3年で、今までの人生で一番多くの人に会うことができたと思います。Duke時代の3年なんか、ずっと研究室に閉じこもっていたので、研究室以外のひとにはほとんど会っていないと思う。隣のラボのポスドクは、私の存在を2年位知らなかったらしい(朝一番にラボに入り、そのまま夜中までラボにいたので)。Duke時代は大きな研究成果を上げることができましたが、有明高専時代は、教員としての幅が広がったと思います。

     

    これは私が住んでいたアパートからの景色です。大牟田に来るときに、凹むことがあっても、いい景色が見れたら立ち直りも早いだろうとおもって、景色だけでアパートを決めました。遠くにグリーンランドの観覧車が見えます。子供とグリーンランドは3回位いきました。

     

     

    これは移設寸前のロビーです。荷造り、すごく大変でした。

     

    有明高専前から大牟田駅に行く西鉄バスです。この写真を見ていると、なんだか少し悲しくなってきますね。

     

    そんなこんなで、有明高専、3年間、ありがとうございました!

    category:有明高専 | by:shinjicomments(0) | -

    今日で終業式。

    2020.02.14 Friday 20:54
    0

      今日で有明高専の修了式。

      今年一年は楽しい一年でした。

       

      担任をしていたCLの3年は、特に長期の休みを取る学生もおらず、学業に励んでくれました。

      このようなクラスだと担任はとっても楽です。

       

      午後から、キャンパスは静かになりました。これから有明高専はながーい春休みです。

       

      category:有明高専 | by:shinjicomments(0) | -

      小学生、中学生、高校生(高専生)の科学研究

      2019.12.23 Monday 22:08
      0

        中谷医工計測技術振興財団の成果発表会が岡山県であったので、学生二名と一緒に発表に行ってきました。

        この財団は、科学教育の振興を支援していて、今年度は有明高専も支援していただいているのです。

         

        発表会では、いろんな小学校、中学校、高校の児童や生徒が発表していましたが、、皆さん、すごいですね。

        理科離れってよく聞きますけど、この会場においては、児童、生徒さんは本当に理科が好きなんだなあ、と驚くと共に少しホッとしました。

         

        科学を研究している教員として、理科が好きな生徒に会うのは、とってもうれしいです。

         

        category:有明高専 | by:shinjicomments(0) | -

        夏休みですね。

        2019.08.10 Saturday 12:38
        0

          今日から有明高専は長〜い夏休み。


          キャンパス内が閑散としています。

          前期、4つの座学に実習に国際交流にベトナム関連、、かおる塾もあって、、、担任も。大変だった。。

          でも研究助成も2件もいただけることになったし、憧れだった研究者にもたくさん会えたし、すごく充実した半年でした。

          夏休みは、講義もないので、頂いた助成金に答えられるようにしっかり研究しようと思います。


          まずはDuke大のDaveのところからでた最新の論文を読まないと、、。結構結論が強引な気もするけど、もう少しちゃんと読めば納得できるかな。。

           

          category:有明高専 | by:shinjicomments(0) | -

          今日は九州沖縄地区の高専大会

          2019.07.12 Friday 07:57
          0

            今日は、九州、沖縄地区の高専大会の日です。

            多くのクラブは、今日が地区予選です。

            これに勝ち抜けば、全国大会。

            朝から、移動のための大型バスが来ていました。

             

            学生のときは気づかなかったのですが、このバスの手配や試合会場の準備、その他諸々のサポートをしてくれる職員の方々の仕事量は大変なものですね。学生のときは、全く気づきませんでした。当時の職員の方々、本当にどうもありがとうございました(お礼が遅すぎますね。。)

             

            みなさん、地区大会、頑張ってくださいね!

            category:有明高専 | by:shinjicomments(0) | -

            Calender
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << July 2020 >>
            Selected entry
            Category
            Archives
            Recent comment
            Profile
            Search
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM