培養プレートのコスト

2019.09.25 Wednesday 22:55
0

    線虫の研究って、初期コスト(顕微鏡など)がかかるけど、ランニングコストは安いはずなんです。

     

    変異体とってマップングと次世代シークエンスすると、taqと次世代シークエンスのお金が必要だけど、普通に交配させて、タンパク質の局在みたりするのは、、あんまりお金はかかりません。

     

    それで何に一番お金がかかるかというと、、線虫用の培養プレートですかね。

    寒天はたかくて、BDだと454グラムで3万円くらい、シャーレがファルコン社だと500枚入りで1万4千円くらい。

    大体一回で、280枚つくるので、チョット計算してみると

     

    14000円/500=28円(シャーレ)

    BDの寒天だと

    51(280枚分/454g)×32000円/280=12.8円(約13円)

    ペプトンとかコレステロールはほぼ誤差範囲。

     

    28円+13円=41円 

    大体1枚あたり40円くらい。

     

    1000枚も使えば、4万円くらい。それなりに結構するわけです。

     

    そこで有明高専にきて、コストダウンを図りました。

    シャーレは某メーカーの500枚で4200円のものに変えました。

    また寒天も伊奈食品工業の7000円のものにしました。

    そうすると

    4200円/500=8.4円(シャーレ)

    伊奈食品工業の寒天だと

    51(280枚分/500g)×7000円/280=2.5円

    8.4円+2.5円=11円 

    大体1枚あたり11円くらい。

     

    大幅なコストダウン!!

     

    理研時代の元ボスは、絶対にBDの寒天がいい、仰っていましたが、まあ、伊那工業の寒天でも問題なさそうだし、伊那工業の寒天にしました。これで変異体のスクリーニングもコストを気にしないですみます。あとBDが454グラムという中途半端なグラム数は、ポンド基準の重さなのかな。。

    アメリカにいたときはポンド表示に慣れていなくて、え、、この牛肉、高いの、安いの?と迷っていました。

     

    ちなみに、もっとやすいダイエット用寒天だと、、線虫が育たないのですよ。。なんで??

    食品用なので有害なものはないと思うのですが、食品寒天で作ったプレートだと、なんとなく線虫が干からびている感じなので、寒天内の水分量が線虫によくないですかね。

    誰か正解を知っていたら教えて下さい。

     

    伊那食品工業って、

    たしか、トヨタも目標にしているとか新聞記事で読んだことがあるけど、50期連続増収増益の会社らしい。すごい手腕ですね。

     

     

     

     

     

     

     

    category:研究室 | by:shinjicomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM